うちのローライ君、ことROLLEIFLEX 3.5Fをオーバーホールに出すことにした。

私にとっての2台目のROLLEIFLEX 2.8Fを売却する時に、店の主人とオーバーホールを約2万円でサービスするという約束をしてあったのである。

随分経ってからではあるが、ようやくオーバーホールに出すことにした。

巻き上げのハンドル、絞りダイヤル、シャッタースピードダイヤルなど、ちょっと動きが渋いことがある。
まあ、実用品として買ったので、最初からわかっていたことで、そのあたりは別に問題はないのだが、レンズに薄らと曇りがあり、それが何となく大きくなっているような気がして、他のレンズと一緒に防腐庫に入れておくとちょっと怖いので、レンズ清掃をメインに考えての処置である。

店主が、「外観も綺麗にしてあげるから、楽しみにしていなさい。」と言っているので、少し、期待をしている。
勿論、ローライの代理店の修理のような、ローライ認定の職人が直す訳ではないが・・・。
店主が、自分のところにおいてある商品のオーバーホールを頼む信頼している職人に、業者価格で頼んでくれるらしい。

月末には、オーバーホールされた、ローライ君が戻ってくる。
楽しみ。楽しみ。
スポンサーサイト



うちのローライ君のオーバーホールが終了した。

 全ての箇所の動きが非常にスムーズでとても気持ちがよい。
 OH前もシャッタースピード設定のダイヤル以外は割といい感じだったのだが、絞り設定ダイヤル、巻き上げクランクもさらにもう一段階、上質な動きに変わった感じである。

 セレン露出計はシャッタースピード設定と絞り設定のダイヤルが追針と連動しているのだと思うのだが、これが外れていたため、セレン露出計が使えなかったようで、これまでもセレンメーターは光に反応し動いていた。
 今回のOHで、追針もきちんと動くようになった。
 精度は保証できないと言っていたが、デジタルカメラの露出計と比べてみると割りと正確な数値を出しているように思える。

 レンズも、随分綺麗になって戻ってきた。

 写真の出来だけを楽しむカメラではなく、写真を撮ることを楽しめるカメラとして、うちのローライ君は、さらに大きな喜びを与えてくれることだろう。

 ゆっくりと試写をしてみることにしよう。
 Trip Overclass Strap。

 本皮ストラップ。
 42,000ウォンが27,000ウォンになっていたので購入。
 本当は、Overclass for Rolleiflexとなっているので、Tripが出したローライフレックス用のストラップなのだが、CONTAX RTS用に使用することにした。

20090517_005948_5177981_t.jpg

20090517_010153_5177983_t.jpg

20090517_014803_5177991_t.jpg

 ARNUVO Cross Over for Rolleiflex。

 本皮ストラップ(35,000ウォン也)。
 
 Trip Overclass for Rolleiflexがあったのだが、ARNUVOから、Cross Over for Rolleiflexというストラップが出ていたので購入。
 Rolleiflex Fシリーズなどのカニバサミ型の釣り金具によりフィットさせるため、ストラップの先が二又になっているのが特徴。
 長さは、もうちょっと長いほうが使いやすいかな・・・。

 韓国は、こういう革製品は安くて品質が良い。
 ちょと洒落た革のストラップ、例えばARTSAN & ARTISTなどなら、同じような製品は大体10,000円以上するでしょう。

 TripやARNUVOなどは、日本に輸出したら、結構、売れると思うのだが。 

20090517_005300_5177966_t.jpg

20090517_005436_5177970_t.jpg

20090517_012912_5177987_t.jpg

 キヤノンの7D、1DMarkⅣ、ニコンのD3X、D3S、D300s、ソニーのα550、α380、α330、α230、ペンタックスのK-7、K-x、リコーのGXR、そしてオリンパスのE-P2 などなど、色々と面白いデジタルカメラやら、すごいデジタルカメラが出ていますが、驚くような進歩もなく、特別、欲しくなるようなデジタルカメラもなく、モノとして成熟してきたのかななどと思いつつ、デジタルカメラの市場を眺めている今日この頃。(笑)

 D-SLRはE-3で、満足しているので、正直、これ以上の性能は私の使い方ではいらない。E-3の性能で、E-1並みの質と大きさ、プラス何がしかのサプライズがあるような後継機種が出たなら、まあ、そのうち考えたいとは思う。

 関心があるのは、フィルムカメラのお供に一緒に持っていっても、負担にならないカメラ。
 特に、露出計代わりになり、フィルムカメラにはできない機能を搭載しているもの。
 そうなると、LUMIX DMC-GH1 + LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.がやはり魅力的。
 
 小型、軽量で、約144万ドット相当の液晶ビューファインダーを搭載。
 液晶ビューファインダーを搭載していると、明るいところでも撮れる写真のイメージがかなり正確にわかるので、露出計代わりに最適。
 ついでに、あまり使わないかもしれないけどフルハイビジョン動画が撮れる。

 LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.はちょっと重いが、手振れ補正搭載+フルタイムAFで、AFの駆動音がほとんど入らないという非常に凝った作り。高倍率ズームはあまり使わないのだが、フィルムのサブとしては、そういう便利なズームレンズもいいかなと思う。ズームのテレ側が54mmくらいまでのもう少し軽量のHD対応レンズがあればよいのだが、そういうレンズは出ないだろうし…。オリンパスからはおそらく、このような動画を主眼としたAF駆動音が入らないようなレンズは出ないだろう。
 
 冬に、LUMIX DMC-GH1 + LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.を買おうかと思っていたのだが、E-P2用の外付けEVF VF-2の見え方が、DMC-GH1のファインダー以上の出来との噂もあるので、DMC-GH1の後継機も新しい技術で、それ以上のものを搭載してくれる可能性もあるのではと思い、DMC-GH1の後継機が発表されるまで少し待ってみようかなと思う。

 LUMIX DMC-GH1の後継機が、DMC-GH1のファインダー以上、HDが60fpsで撮影できるようになるなら、後継機の購入を考えようかと思う。オリンパスから、E-620タイプにビューファインダーを搭載したMFTが出れば、それが一番なのだが…。

 とデジタルの製品をあれこれ考えながら、なぜか、ROLLEIFLEX 3.5F Carl_Zeiss Planar 75mm/F3.5 + エバレディ・ケース + ストラップ + レンズキャップが…。

 ROLLEIFLEX 3.5F Schneider-Kreuznach Xenotar 75mm/F3.5もあるので、もう一度、80mmのレンズのついた2.8C、2.8E、2.8Fにしようかとも思い、色々、試してみたのだが、画角よりも、フィーリングが…。
 まず、Fシリーズ以外は、ピントフードの使い勝手が、どうも馴染まない。
 二度も2.8Fを手放しただけあって(一度目は、状態が悪かったのでCONTAX STの下取りにその後、研究用という不名誉な状態で棚に並べられた(笑)。二度目は、Distagon 35mm/F1.4を購入するために再び売却、今度は購入価格より高く売れたけど…。)、やはり、シャッターのフィーリングが2.8Fは3.5Fより重いので、ここがネックとなる。

 結局、状態の良い3.5FのPlanarがあれば、3.5Fをもう一台とずっと思っていたので、これでよしとしよう。(笑)

20091117_230735_B171778_t.jpg

 ローライフレックス使いの多くの人が体験するあの悲劇が、我が身にも起ころうとは…。

20110420_185906P4206145_t.jpg
 

 使う前には確認して、使っていたのですが、こんなに脆くなっていたとは…。

 4月16日、ソウルでは、桜満開のBESTの日でした。
 オーバーホールを終えたローライフレックスのプラナーを持ち出したのですが…。
 そのローライ君にこのような悲劇が訪れようとは、思いもしませんでした。

 しかし、見事に落下したものの、落ちどころがよかったので、ローライ君は各機能とも問題がなく無傷で、無事でした・・・。
 冷や汗が出ました…。

 カニ爪の金具を生かして、新しく革のストラップに金具を打ち直して、使用することも可能でしょうが、構造上、また切れる可能性があるし、道具を買うにせよ、革製品の製作のお店に頼むにせよ、価格もかなりかかりそうなので、こんなこともあろうと以前に買っておいたARNUVO Cross Over for Rolleiflexを素直に使うことにしました。

 ARNUVO Cross Over for Rolleiflex 
 【http://hcmkiccsas.blog53.fc2.com/blog-entry-775.html

 何と表現したらよいのでしょうか、ビーフジャーキーをクネクネして引きちぎる時のような感じとでも言うのでしょうか?
 外側は結構しっかりしているように見えても、内側は結構、金属疲労で脆くなるように、かなりやわらかくなっていたようです。
 
 古いローライのストラップを使っている方、気をつけてください。
 
 うちのローライ君は、無事で何よりでした。

 Rolleifixは、Rolleiflex用のクイックシューです。

 ずっと欲しいと思っていたのですが、ようやく購入。
 Rolleiflexの弱点の一つに、三脚に固定するためにネジを強く閉めると底の鉄板が変形する危険性があるという点が挙げられている。
 そんなに軟ではないとは思うのだが、いつも、神経を使ってネジを締めていたので、これで安心して使える。

 しかし、Rolleifixはよくできている。
 鉤爪のようになっている部分が、Rolleiflexにピッタリとハマる。
 昔の超高級カメラのアクセサリーだけあって、こちらも高品位です。
 

20120318_200224_3188602_th.jpg

20120318_200146_3188598_th.jpg

20120318_200204_3188600_th.jpg

 二眼レフカメラの歴史・・・それはローライフレックスの歴史とも言えます。ローライ社が初めて二眼レフカメラを発表したのは1929年、それは「ローライフレックス6×6」です。ローライ社はこのカメラを発表するやいなや、全世界にローライの名を広めることに成功しました。以来、トップクラスのカメラマンは皆「ローライフレックス6×6」を使い、どんな雑誌であろうと、どんな書籍であろうと、掲載する写真なら“ローライ”で撮影したものでなくてはなりませんでした。それほどまでに“ローライ” は写真の歴史に大きく関わってきたのです。
 70年以上経った今日まで、愛され続けている「ローライ二眼レフカメラ」。その発想は歴史とともに受け継がれ、決して古くはならない不思議な魅力を秘めています。【Rolleiflexのカタログより】



0rf35_3s.jpg



ROLLEIFLEX 3.5F Schneider-Kreuznach Xenotar 75mm/F3.5

 私の3.5F Xenotar(通称:うちのローライ君)は、現存しているものの多くがそうであるように、やはり、セレン露出計が既に御亡くなりになられている。そのおかげで、安く買えた。3.5F Xenotarは日本でなく、韓国で手に入れたのだが、韓国では、このような特殊なカメラはあまり人気がないことと故障個所があるカメラはかなり安くなる傾向があるので、日本では考えられないような価格で購入できた。露出計以外は、レンズ、シャッターにも問題らしい問題は見当たらず、非常に満足できる画を提供してくれる。

 露出計は既にその機能を失っていたが、露出計がないことで、絞り、シャッタースピードの関係についてかなり勉強したので、露出計がなくても、ほぼ撮りたい画を撮ることができるようになった。初めて触れた本格的なカメラが完全なマニアルカメラであったことは、非常によかったと思う。

 写りは非常にシャープで、コントラストも高い。とにかくくっきり、はっきりした写真が撮れる。また開放で撮れば、ボケもとても美しい。
 初めて出来上がった写真を見たとき、これを自分が撮ったのかと驚いたほどである。とても40年も前に作られたもので撮ったとは思えないものであった。
 これで、写真の泥沼に足を突っ込んでしまった。が面白くなった。
 写りが期待していたほどでもなければ、あるいは期待していた範囲に収まっていれば、それほどのめり込むことはなかったかもしれない。その写りは、正に衝撃的であった。今まで自分が「写真」と言っていたのは一体、何だったのだろうかと思った。明らかに今まで見てきた「写真」と呼ばれていたものとは次元が違ったのである。

 そもそも、何で二眼レフなんてクラッシクなものを買おうと思ったかといえば、現在海外で留学生活をしているのだが、日常、あるいは研究のためのフィールドワークを記録にするのにデジタルカメラを買おう、でも、それだけではつまらない。ちょっとアーティスティクに撮ってみたい。それには絵になるカメラが欲しいなどと思って、探しているうちにローライフレックスに辿り着いたのである。その出会いには必然性はどこにもなく、偶然、ちょっと思いつきがRolleiflexとの出会いを演出したのである。

 見事なバランスの上に成り立っている二つのレンズ。その姿は見る人によっては、男性的で堂々として凛々しいと感じるだろうし、また女性的でグラマラスでかわいらしいと感じる人もいるだろう。いずれにせよ、言えることは、美しく魅力的であると言うことである。そんなRolleiflexに一目惚れしたのであった。(笑)
 ファインダーは左右逆、場合によっては上下逆。レンズを換えることも出来ない。AFでもない。フィルムも自動装填してくれる訳ではない。確かに簡単で、便利であるとは言えないかもしれない。
 しかし、Rolleiflex のファインダーを覗き、ピントを合わせると擦りガラスに立ち現れてくる美しい像に出会うとき、そしてシャッターを押して、次のフィルムを巻き上げるために、ハンドルを半回転、また逆に半回転といった一連の儀式とも思える動作を行なう時、簡単・便利さといった中に失ってしまったものと出会うことができるであろう。
 Rolleiflex には、電子化し高性能化して行った過程でカメラが失っていったしまった「楽しみ」が確かに存在するのである。

 また、Rolleiflex の3.5F Xenotarは私の次に出会うべきカメラを決定付けてしまった。40年も前のクラッシクカメラでこんなにも綺麗に写るのかと感動した私は、写真はレンズで決まると信じざるを得なくなった。
 うちのローライ君のレンズSchneider製のXenotarは素晴らしい。しかし、それより人気があると言われるCarl Zeiss製のPlanarとはどんなレンズなんだか?本当にXenotarより凄い写りになるのだろうか???
 そうして、偶然に出会ったRolleiflex 3.5F Xenotarとの出会いは、今度は必然性を持ってCarl Zeissとの出会いを演出したのである。

0rf35_1s.jpg

0rf35_2s.jpg


(purchase:2001.01 revision:2002.08)
 

 2005年、O.Hに出して、セレンメーターも復活。
 絞り、シャッタースピードのフィーリングなども顕著に改善し、現在、絶好調である。

OH完了。2005/03/29 (Tue)
【参考】 http://hcmkiccsas.blog53.fc2.com/blog-entry-43.html

 SchneiderのXenotarの写りが非常によかったので、それより市場で人気がある2.8F Planarがついているものが欲しくなった。インターネットオークションのebayに、程度の良さそうな、そしてオプション品(ローライキン、ケース、ストラップ)もついていた2.8F Planarが出品されていたので、落札してみた。

 しかし、はるばるカナダからやってきた、2.8F Planarは期待していたほどの程度ではなく、満足いくものではなかった。テスト撮影もして見たが、3.5F Xenotarより明らかに画質が悪かった。(これは純粋に程度の問題である。)また、気になったのが、シャッターの重さであった。単純にレンズが小さい3.5Fの方が、シャッターが軽い。これに慣れていると、若干、2.8Fは重いと感じられた。重いというよりはむしろ、深いと言った方が適切かもしれない。(これも慣れの問題であるが・・・。)

 またCarl Zeiss のレンズを使えるCONTAXの一眼レフの導入を決定していたので、憧れのRolleiflex 2.8F Planar君は、手元に届いて、それほど経たないうちに、ドナドナが決定してしまった。手に入れたものがもっと程度がいいものであれば、このようなことはなかったであろう。しかし、予算の関係もあったので、あえなくCONTAX STの購入資金となってしまった。またいつか機会があれば、状態の良い物を手にしたいものである。(いつになるんだ??)

 いろいろいなオプションが付いていたので、損失は最小限にとどめることができた。CONTAX ST+P7を購入してもおつりが来た。カナダから来た2.8F Planar君は私の期待していた程、程度は良くなかったが、まあまあ、いい値で落札したということであろう。しかし、高価なものはオークションで落札するのは辞めようと心に決めた。(笑)

(purchase:2002.06 sold:2002.07 revision:2002.08)

******************

 CONTAX STの購入資金となってしまった2.8F Planar、「またいつか機会があれば、状態の良い物を手にしたいものである。」と言ったもののその日は、しばらくはこないはずだった・・・。

 しかし、運命は不思議なもの。

 何故か、2.8F Planarが手元にあるじゃないか??
 折りしも「何でだろ----。何でだろうーーーーー。」と不思議な曲がヒットしている2003年日本。

 あら、不思議・・・。
 「ROLLEIFLEX 2.8F Planarが手元にあるの何でだろう???」

あれ???
 2.8F Planarが、*万円???!!!
 ジャンクじゃないですよね???
 物凄く綺麗なんですけど???

 これはたまたま用事で某大学に行ったときに、たまたま通りかかった某写真館に置いてあった。そこには在りし日の雅子様と、ノーベル賞受賞の小柴名誉教授が微笑んでいる写真がかけられていた。

 店の翁曰く、「これドイツ人の先生がドイツに帰るときに置いていったもので、私もテストで撮影したけど、綺麗に写ったよ。」と。
 
 で、何でこの値段なんでしょうか???
 店の翁応えて曰く、「うちは、カメラ屋じゃないので、整備に出したりするもの以外は全部下取り価格+1万で売っているのでこの値段。」

 確かに展示されている中古カメラは20台あるかないか・・・。数はないが、置いてあるカメラは、某有名中古店などと比べても、確かにかなり安いような気が・・・。
 店の翁は、何せ雅子様と小柴教授を撮った人だから嘘はつかんだろう。(笑)

 レンズはとっても綺麗。シャッタースピードも高速低速ともO.K。セレンメーターもO.K。フォーカススクリーンはそこそこ。ただし、うちのローライ君こと3.5F Xenotarよりは綺麗。

 しかし、金欠の私には大きな買い物である。必要に駆られてNX+VS28-80セットを買ってしまった後なので、余計に慎重にならざるおえない。

 しかし、この値段なら、見る人が見れば、絶対に売れてしまっているはずである。不思議に思って思っていつから展示されているのか尋ねてみた。
 店の翁応えて曰く、「この展示のショーケース、5日前に店先に移動したんだよね。それまでは奥の写真スタジオの脇に置いてあった。」と。

 「おお、、これは運命なのか??」などとしばし、考慮していると、店の翁曰く、「おまけもあるよ。」

 「え、おまけ??ケースとかあるんですか??」

 店の翁応えて曰く、「あるよ。持ってきてあげるよ。」
 「いろいろあるよ。」
 
 ガサガサ
 
 出てきた、出てきた宝の山が・・・。
 純正ケース+蟹バサミの純正ストラップ+純正レンズキャップ+純正カラーフィルター4枚+純正PLフィルター+ローライナー(接写レンズ)3枚・・・。(ただし、PLフィルターは経時劣化してる。ローライナーは一枚、破損部分あり。)

 済みませんが、本体なしので付属のアクセサリーをバラ売りしただけでも、余裕でその値段を超えるのですけど??(ローナイナーだけでも一つ安く見積もっても1.5万円はするでしょう??)

 ということで、気が付いたら、手元に・・・。

 私の手元に来るべき運命だったようです・・・。

 夕暮れ時にそのまま試写してみました。曇りの日の夕方で、ISO100のリバーサルフィルムを入れての試写だったので、アンダーになるよりは若干オーバー目で撮った方がきれいかなと思って撮ったのですが、メーターをそのまま信じて撮った方がよかったみたいです。この2.8Fのセレンメーター結構、当てになるみたいです。

 結果はと言いますと、期待通りに綺麗に写りました。
 大満足。
 財布はさびしくなったけど・・・。
 困って売っても、物凄く儲かってしまうと思うのですけどね・・・。
 売らないと思いますが・・・。

0rf28_1.jpg

0rf28_b.jpg

0rf28_g.jpg

0rf28_o.jpg

0rf28_y.jpg

0rf28_rn1.jpg

0rf28_rn2.jpg

0rf28_rn3.jpg

0rf28_rpol.jpg

0rf28_n3_2.jpg

0rf28_c.jpg

(purchase:2003.07 sold:2002.07 revision:2003.08)

******************

 売らない思うといいながらも、結局、Carl Zeiss Distagon T* 35mm f1.4 MMJの購入にあたり売却することに・・・。
 結局、3.5F Xenotarの方が使いやすいのよね・・・。

(purchase:2003.07 sold:2004.07 revision:2004.08)