これまで、特別に変わったことがあった訳ではなく、ブログも更新するつもりで、色々とカメラの比較テストなども、やっていたのだが、色々とテストしすぎてそれをまとめていたら、スポット的に忙しくなり、数ヶ月ブログを更新しなかったら、それが知らずしらずに5年…。

 フィルムの価格が上昇してしまったこともあり、すっかりフィルムで撮影することも少なくなってしまいました。
 
 機材などもCANON EOS 6D以降、OLYMPUS OM-D E-M1を導入したところ(2013年!)まではブログに載せていたが、E-M1が思った以上によかったので、E-M1をメインとして使っていました。2016年にE-M1 Markllが出たのでそれも素直に購入。当時はE-M1が初値15万円程度だったのにE-M1 Markllは22万円程度に急上昇で、やや釈然としないものがあったような覚えがあるが、E-M1 Markll自体は文句のつけようのないカメラで大満足でした。2020年の現在までこれがメイン機。

 本日、OLYMPUSより、E-M1 Marklllの発売が発表されました。
 ただ、E-M1 Marklllの導入はしばらくはないと思います。

 というのは、2020年になって、フルサイズの方をCANON EOS 6DからSONY α9とシステム変更したため、既に沢山の諭吉さんが飛び立っていってしまったからです。

 TFのカメラ、レンズは既に多くの中古ショップでも買取不能になっているので、CANON EOS 6Dとレンズもそこそこの値段で売れるうちにフルサイズの方を更新しておこうということとオリンパスのお家芸的となりつつある、それなりの地位にある人が映像部門を維持するかどうかわからないというような発言を平気でしてしまうので、若干、嫌気が差したのもあって、E-M1 Marklllの発売の噂はあったものの、発表を待たずにSONY α9を導入しました。

 E-M1 Markllの出来がよく、センサーが大幅に更新されない限り、E-M1 Markllでいいかなというのも大きな理由です。

 とりあえず、現在は、デジタルはE-M1 Markllとα9の体制で運用しています。

 ただ、ここ数年、写真はほとんどスタジアムでサッカーを撮っているだけで、他の写真はほとんど撮っていないのですが…。
Canon EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USMで、「Err 01」が出るようになった。

メッセージは「カメラとレンズの通信不良です。レンズの接点を清掃してください ・カメラ/レンズの接点を清掃してください。」、対処方法は、「・キヤノン純正のレンズを使用してください。・上記の方法で正常に戻らない場合は、キヤノンのサービスセンターにカメラ・レンズの点検・修理をご相談ください。」とのこと・・・。

本日、台風接近中の中、J3のサッカーの試合を見に行っていて、雨の中、使用したのがまずかったらしい…。
雨の中、使っていたと言っても、実際に使っていたのは、OLYMPUS E-M1 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200/F2.8-3.5 SWD + EC-14 + MMF-3で、CanonのEOS 6D + EF24-105mm F4L IS USMは、iPhone4と同じ扱いで、雨が降ってきたと同時にカバンの中に避難させたのに・・・。
カバンもビショビショに濡れたけど、中までは浸透していない・・・。

メインで使っていたOLYMPUS E-M1 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200/F2.8-3.5 SWD + EC-14 + MMF-3は、土砂降りの豪雨の中、特別にカバーを被せて使っていたわけでもなく、そのままむき出しのまま使っていましたが、何の問題もなく使えていました。

同じ防塵防滴を謳うCanonのEOS 6D + EF24-105mm F4L IS USMは、土砂降りの豪雨の時には、カバンの中にしまっておいたのにもかかわらず・・・。

レンズを外してみると、マウントとレンズの間に水が浸みこんでいた・・・。
Lレンズはマウント部分にスカートのようにゴムでシーリングされていますが、何の役にも立たなかった模様・・・。
防塵防滴を謳っているカメラとレンズで、こんなことありうるのだろうか??

ついでに、接点になぜかゴムのようなものがへばりついていた。
おそらく、ゴムのシーリングの一部なのでしょうけど、どうしてこのゴムが接点にへばりついたのか不明・・・。
一年程度で、劣化するか??普通???
ゴムを取り除き、接点を清掃しても、状況に変化なし。
おそらくレンズの方がお亡くなりになられた…。

レンズの絞り情報とAFの情報が行っていないようで、F00となっていて、MF以外の選択ができない。
電源を入れてもF値が表示されず、シャッターを切ると「Err 01」が表示される。
カメラ本体の設定は変えられるので、とりあえず機能している。
CONTAX 6Dとしては使用できそうだが・・・。

某量販店の延長保証に入っているので、問題ないのだが、お盆休みに突入しているのですぐに修理できない・・・。
ついでに、その量販店を通さないと保証がきかないので、出国までに間に合わない・・・。(-_-;)

今回、E-3とZD14-54を日本に置いて韓国に行こうと思ったので、重いのに3台も持って帰ってきたのに、E-3をまた韓国に連れて帰ることになりそうです・・・。

E-3を予備役に入れようとして、罰が当たったのかも・・・。

何度も言いますが、バケツをひっくり返したようと言う表現がピッタリの前が見えなくなるような土砂降りと強風の中、マウントアダプターとテレコンバーターを噛まして使用していたE-M1とZD50-200は全く問題なかったのに・・・。
やはり、頼りになるのはOLYMPUSの防塵防滴性能と言ったところでしょうか・・・。

EOS 6Dは何となく信用できなかったので、雨が降り出した時に、すぐにカバンの中にしまったのですが・・・。
まさか、CanonのLレンズの防滴性能って、大したことないのでしょうか??
雨の降っている中では使用しなかったのですが、E-M1とZD50-200と比べれば、雨の降り出しの時に、ほんの少し濡れた程度なのですが・・・。

後日、撮影状況をUPしたいと思います。
降っていたのは15分くらいでしたけど、流石に台風接近中ということで、笑えるほどすごい雨でした。

しかし、オリンパスの防塵防滴性能は本当に信頼できます。
だから、オリンパスから他のメーカーに替えることができないのですよね・・・。
いや、本当にいいカメラ作ります。

EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM、明日になったら、問題なく使えるようになっているってことはないでしょうかね・・・。
そうしたら、Canonを見直します。


追記 : 2014.08.11 01

やはり、復活していませんでした・・・。(-_-;)
ナノカーボンペンで拭いたら復活するだろうか??

追記 : 2014.08.11 02

結局、レンズもボディも故障したようです・・・。
某量販店で、私のボディに店頭に並んでいるレンズをつけさせてもらっても、「Err 01」・・・。
私のレンズを店頭のボディにつけさせてもらっても、「Err 01」・・・。

CanonのEOS 6D + EF24-105mm F4L IS USMと組み合わせでは防塵防滴は全くあてにならないらしい。
OLYMPUS E-M1と同程度の防塵防滴性能は最初から期待していなかったが、iPhone4より虚弱とは思わなかった・・・。(-_-;)

Canonは、LレンズでもF4通しのLレンズはまともに作ってないのでしょうか?
EOS 1D系とF2.8通しや超望遠や単焦点のLレンズ以外は信用してはいけなかったのでしょうか???
EF24-105mm F4L IS USMも決して安いレンズではないと思うのですけど・・・。

入っていてよかった5年保証・・・。


20140810_202449_8100166_R.jpg

20140810_202536_8100167_R.jpg

20140810_202713_8100172_R.jpg

CanonCM2. TB0 TOP▲
Canon Focusing Screen Eg-D

 EOS 6Dを買って、すぐに方眼タイプのスクリーンのCanon Focusing Screen Egに替えてあります。
 てっとり早く、水平出すには、やはり、これが一番です。

20140525_000940_5257392_R.jpg

CanonCM0. TB0 TOP▲
OLYMPUS アイカップ EP-13

 E-M1用に設計された大型のアイカップ。
 外光を遮断し、ファインダーをより見やすくし、弾力性のある素材を使っているので、裸眼、眼鏡使用に関わらずフィットするということなので、購入したものの、あまりにでかくて、邪魔で、ついでに眼鏡を使うとアイポイントが遠くなるため四隅が蹴られる…。
 
 結局、使わずにお蔵入り…。

20140525_000912_5257391_R.jpg

 こちらも、旅行用の準備として購入したもの。

 OLYMPUS BLN-1は、2月のアメリカは相当寒いので、予備バッテリーの強化として購入。
 OLYMPUS LC-62Bは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm/F2.8 PROのキャップが使いにくいので、FT用の62mmキャップを購入しました。
 M.ZD12-40のキャップは高級感はあるのですが、必ず中心を摘まなくてはならないので、使いづらいです。
 FT用のキャップは、外枠を押しても、中心を摘んでも外せるので、こちらの方がかなり使い勝手かよいです。


20140201_193426P1010064_R.jpg





20140201_193407P1010063_R.jpg

(purchase:2014.02)